このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
受付時間:平日10:00~17:00


健康ビジネス サポート

健康ビジネスの新たな時代


医療・健康ビジネスは、これからの10年で大きな変革期を迎えます。

生活者のヘルスケア意識の高まりとともに近年注目されている概念が「予防医療」
人生100年時代が到来し、
ただ長生きをすることよりも「健康に長生きしたい」という意識が強まってきたことで、
生活者の間で今後さらに予防医療に対する関心が高まるのは必至です。



※予防医療:病気になってから治療をするのではなく、健康を害する要素を取り除いて発病を防ぎ、
健康を維持増進することを目的とした医療のことを指す。

● 従業員の健康が必要な時代





健康な従業員こそが収益性の高い会社をつくる

従業員の健康に配慮することで、企業の持続的な成長につながる
健康づくりへの投資効果は3倍
*米国ジョンソン・エンド・ジョンソングループが世界250社・約11万4000万人に健康教育プログラムを提供して、
投資に対するリターンを換算して明らかにしました。



従業員の健康が企業および社会に不可欠な資本であることを認識し、
従業員への健康情報の提供や健康投資を促すしくみを構築することで、
生産性の低下を防ぎ、医療費を抑えて、企業の収益性向上を目指す取り組みを指します。


『 健康経営 』とは、従業員の健康増進を重視し、健康管理を経営課題として捉え、
その実践を図ることで従業員の健康の維持・増進と会社の生産性向上を目指す経営手法のこと。





健康経営銘柄とは、

優れた健康経営を実践している企業を、東京証券取引所の上場企業33業種から、経済産業省と東京証券取引所が共同で各業種につき原則1社ずつ選定しています。

「健康経営銘柄2020」では30業種40社を選定。

健康経営優良法人認定制度とは、

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

本制度では、規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門」と、中小規模の企業や医療法人等を対象とした「中小規模法人部門」の2つの部門により、それぞれ「健康経営優良法人」を認定しています。

※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

こんなお悩みありませんか?

Zeroソフネスが提案する

健康サポート

社内ウェルネスルーム
トータルサポート
ストレッチマシンに限らず、あらゆるフィットネスマシンを含んだ、トータルコーディネートもさせていただきます。
健康測定会実施
お手伝いさんはプロフィールを公開。またお客様からの評価もご覧になれます。
スタジオ利用
福利厚生サービス
法人様契約で、ストレッチトレーナーが従業員の健康をサポートします。
従業員が通いやすいシステムもご用意。
スタジオ利用
福利厚生サービス
法人様契約で、ストレッチトレーナーが従業員の健康をサポートします。
従業員が通いやすいシステムもご用意。

● 介護施設の差別化

『特色のある介護施設』が求められてきます

超高齢化社会が進む日本において、介護が必要な高齢者の数は年々増加しています。
2020年には、3人に1人が高齢者となる日本。

老人ホームをはじめとした介護施設の需要はますます高まり、
介護業界は大きな伸びを見せることが予測されます。

その結果、介護需要の伸びにより大手企業が参入するケースも増え、
市場のマーケティングが上手な施設や広告費が潤沢な施設に、
「利用者が奪われる」という傾向も目立つようになってきました。

老人ホームの介護施設において、集客アップのポイントは、「他の施設との差別化」です。
大企業も介護事業に参入することで、中小事業者にとって集客がさらに大きな課題となっています。



クリックすると詳細をダウンロードできます。

● 自費メニューの導入





保険適用による施術が限界をきたしていると感じていませんか??

自費メニューを導入
し保険に頼らない経営が必要です。


保険適用がますます厳しくなっている整骨院や接骨院業界においては、自費メニューの導入が迫られています。
実際に自費メニューの導入を検討している整骨院・接骨院の経営者様も多いのではないでしょうか?

ただ、いざ自費メニューを導入しようとしても、どのような自費メニューがあるのか、
どのように導入したら良いのか、分からない経営者様がほとんどだと思います。
これらの問題は整骨院や接骨院だけでなく、整形外科などの病院やクリニックでも同様に起きているのです。


治療から「予防」の時代へ
超高齢化社会に向けて医療を取り巻く環境が大きく変わりつつある中で、
人の健康を守る予防医学が今後重要になってくることは間違いありません。
そうなると、今までの医療産業では対応できないため、新しい予防産業が求められます。


お問合せ

お電話でもお気軽にお問い合わせください
受付時間 10:00〜17:00(土日祝を除く)
受付時間以外のご連絡はメールをお使いください。
メールでのお問い合わせ
ご連絡後3営業日以内にご返信します。
お急ぎの方は電話でお問い合わせください。